山梨日日新聞創刊150周年記念ライブ

宮沢和史&藤巻亮太 出演

山梨日日新聞創刊150周年を迎える7月1日、記念ライブ「おなじ空の下で」を開きます。ミュージシャンの宮沢和史さん(甲府市出身)、藤巻亮太さん(笛吹市出身)が出演し、楽曲披露とトークライブをします。各地で対立が深まり、人々の暮らしが脅かされる状況がある中、平和と日常のかけがえのなさを考える機会にします。ライブの様子は本特設ページと、山梨日日新聞社広告局のYouTubeチャンネルで生配信し、ライブ後にはアーカイブ配信も行います。ぜひご視聴ください。

宮沢和史さんプロフィール

1966年山梨県甲府市生まれ。THE BOOMのボーカリストとして1989年にデビュー。これまでにTHE BOOMとしてアルバムを14枚、ソロでは4枚、GANGA ZUMBAとしては2枚リリースしている。代表曲のひとつ「島唄」はアルゼンチンでの大ヒット(2001年)を記録し、国境を越えて今なお世界に広がり続けている。デビュー25年を迎えた2014年、日本武道館でのライブを最後に、THE BOOMの歴史に幕を閉じ、しばらくの充電期間を経て、2018年11月より本格的な歌手活動を再開。現在沖縄芸術大学で非常勤講師も務める。

藤巻亮太さんプロフィール

1980年山梨県笛吹市生まれ。2003年にレミオロメンの一員としてメジャーデビューし、「3月9日」「粉雪」など数々のヒット曲を世に送り出す。2012年、ソロ活動を開始。1stアルバム「オオカミ青年」を発表以降も、2ndアルバム「日日是好日」、3rdアルバム「北極星」、レミオロメン時代の曲をセルフカバーしたアルバム「RYOTA FUJIMAKI Acoustic Recordings 2000-2010」をリリースする。地元・山梨県では2018年から野外音楽フェス「Mt.FUJIMAKI」を主催し、2022年は山中湖交流プラザきららにて10月1日、2日の2days開催が決定。

開催日時

2022年71日(金)
開場 17:30~
開演 18:30~
会場 甲府・YCC県民文化ホール 大ホール
(感染症対策で、入場者数は全席の50%とします)

会場では、日本赤十字社の「ウクライナ人道危機救援金」を受け付けます。

記念ライブ「おなじ空の下で」のエントリーは6月10日(金)をもちまして、締め切らせていただきました。たくさんのお申し込みありがとうございました。

招待券が当選し、ご来場いただく方は
必ずこちらをご覧ください。

新型コロナウイルスの感染防止ガイドライン

主催:山梨日日新聞社
協力:YCC県民文化ホール指定管理者
お問い合わせ:山梨日日新聞社広告局
電話:055-231-3131(平日9:00~17:00)